手軽にできるが気軽じゃない 個人輸入で気を付けるべきこと

抗うつ剤といった薬を、個人で輸入できることを知っている人もいるでしょう。
すでに利用した人もいるかもしれません。
個人輸入代行サイトを使えば、ネット通販のように手軽に買えますが、気軽に買っていいというものでもありませんよね。
そこで、個人輸入で気を付けるべきことをまとめていきます。

手元に届いたものの安全性は保障されていない

インターネットで購入したものが、思っていたものと違った、という話はよく耳にすると思います。
使う代行サイトによっては同様のことが起こりえます。
見た目が違えば違うものだと判断できると思いますが、厄介なのが薬は見た目が似ているものも多い事です。

また代行サイトに悪意があったのか、輸入元に悪意があったのか、両方なのかによって対処の方法も変わってくるでしょう。
ですから代行サイトの評判や輸入元について、可能な限り調べてから使った方がいいです。

それから、日本と同じレベルの検査を受けた薬ではない可能性があります。
こういったところは、それぞれの国によってルールが違いますから、国によっては日本のそれとは安全性に問題がある可能性があります。

自己判断の危険

個人輸入の場合、すべての判断は自分で行うことになります。
ですから購入する前に、副作用についてであったり、自分が普段飲んでいる薬との飲み合わせであったりというところは調べておかないといけません。
また、自己診断で病気を判断して買った場合、その自己診断自体が間違っている可能性も高いでしょう。

すべては自分に跳ね返ってくる

個人輸入は便利なせいであることに違いはありません。しかし、前もって知識も必要になります。
もしも、知識を得ることをさぼってしまった場合には、自分の体に跳ね返ってきますので、注意してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ