インターネットで抗うつ剤を買いたいけどどのサイトを使えばいいの?

インターネットで抗うつ剤について調べてみると、取り扱っているサイトが見つかるかもしれません。
日本で抗うつ剤は市販されていませんから、そういったサイトが個人輸入代行サイトになります。
便利なサイトですが、ちゃんと選ばないとトラブルに巻き込まれかねませんので、代行サイトの選び方を簡単に考えていきます。

特定商取引法に関する記述とプライバシーポリシーなどの記述

輸入代行サイトを選ぶときに、最初に確認してほしいのが特定商取引法に関することが書いてあるかと、プライバシーポリシーがあるかということです。
無ければそのサイトは利用しない方がいいでしょう。個人情報を取り扱いますから、プライバシーポリシーもないところは信用できません。

それから会社の住所や電話番号、代表者の名前といった情報はちゃんと書いてあることが望ましいです。
ないからと言って問題にはならないかもしれませんが、後ろめたいことがなければ書いていても問題ないはずです。
ただし、たとえ書いてあったとしても出鱈目を書いている可能性もありますから、住所の確認くらいはしておいた方がいいかと思います。

料金設定の明確性

輸入代行業者は仲介業という立ち位置を取っています。
我々と外国のメーカーの売買を仲介する代わりに、報酬をもらうということですね。
ですから、仲介手数料がないと儲けが出ません。

もしも手数料について明記していない場合や、手数料無料と書いてあった時には使用しない方がいいでしょう。
どちらにしても、必要以上にお金を請求される可能性があります。

サイトの優良性は製品の安全性にも

簡単ではありましたが、以上になります。
優良サイトを選ぶということは、金銭の問題以上に製品の安全性につながります。
医薬品など安全性が重視されるものは特に、気を付けて選ぶようにしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ