SSRIとかSNRIって見たことない? 抗うつ剤のはたらきについて

うつ病になった時にもらうのが抗うつ剤です。
ですが、抗うつ剤がどのような効果があるか知っていますか。
知らないよりは知っていた方がいいでしょうから、簡単に説明します。

うつ病とはどんな病気なのか

順番にということで、まずはうつ病について話します。
うつ病とは過度なストレスなどが原因になって、神経伝達物質が少なくなることによって発病すると言われています。
神経伝達物質が少なくなると、自律神経が働かなくなり、感情を失ってしまったかのようになるようです。

抗うつ剤とは

そこで抗うつ剤を服用するのですが、目的は神経伝達物質を増やすことです。
増やし方へのアプローチが大きく2つあって、1つは作られた神経伝達物質を分解させずにとどめておく方法で、もう1つが神経伝達物質の生成を増やす方法です。
つまり神経伝達物質は放っておくと、吸収・分解されてしまうわけですね。

吸収・分解する働きを再取り込みと言い、分解させないようにする薬が「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」や「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)」などがあげられます。
セロトニンやノルアドレナリンというのは、神経伝達物質の種類ですね。
SSRIは神経伝達物質の中でもセロトニンの再取り込みを妨げるわけです。

分泌を増やす薬をノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)と言い、SSRIやSNRIが利かなかったときなどに使われます。
ですから、うつ病になって最初にもらう薬はSSRIかSNRIというわけです。
この2つは副作用が少なく、効果が高い薬になっています。

調べてみると結構書いている

抗うつ剤の薬をネットなどで見てみると、商品名の隣にSSRIやSNRIなどと書いていることがあります。
もしも見かけたら、今回のことを思い出してもらえれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ